ホビペディア

あたらしいことはじめよう。

LINEスタンプを趣味にする!作って楽しい、使われてお金にもなる

LINEスタンプを使う人

あなたは、LINEを使っていますか?友だちや家族とメッセージをやりとりするときに、スタンプを使っていますか?もっと自分らしいスタンプがあればいいなと思ったことはありませんか?もしそうなら、LINEスタンプを作るという趣味を始めてみませんか?LINEスタンプとは、自分で描いたキャラクターや写真などを使って、オリジナルのスタンプを作ることができるサービスです。この記事では、LINEスタンプを作るという趣味について、メリットや始め方、必要なお金や極め方などを紹介します。

LINEスタンプって何?

LINEスタンプは、LINEのメッセージアプリで使えるスタンプのことです。スタンプは、絵文字や顔文字よりも豊かな表現力で、気持ちや状況を伝えることができます。LINEスタンプは、公式に提供されているものだけでなく、個人や企業が自分で作って販売したり、無料で配布したりすることができます。自分で作ったスタンプは、自分だけで使うこともできますし、友だちや家族に送ることもできます。また、販売した場合は、収益を得ることもできます。

LINEスタンプを趣味にするとメリット、どんないいことがあるか

LINEスタンプを趣味にすると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の好きなキャラクターやテーマでスタンプを作ることができるので、創造力や表現力が高まります。
  • 自分だけのオリジナルのスタンプを使ってコミュニケーションをすることができるので、楽しさや個性が増します。
  • スタンプを販売したり配布したりすることで、他の人と交流したり感謝されたりすることができます。
  • スタンプを販売した場合は、収益を得ることができます。

LINEスタンプを趣味にするはじめ方、ステップを紹介

LINEスタンプを趣味にするには、以下のようなステップが必要です。

  1. スタンプ作成ツールを用意する
  2. スタンプ作成ツールは、パソコンやスマホで使えるものがあります。パソコンでは、「LINE Creators Studio」や「LINE Creators Market」などのウェブサイトからアクセスできます。スマホでは、「LINE Creators Studio」や「LINE Selfie Sticker」などのアプリからアクセスできます。
  3. スタンプ作成ツールでは、画像ファイルや写真などをアップロードして編集したり、手書きしたりしてスタンプを作ることができます。また、テンプレートや素材も利用できます。
  4. スタンプのテーマやキャラクターを決める
  5. スタンプのテーマやキャラクターは、自分の好きなものや得意なものを選ぶといいでしょう。例えば、動物や植物、食べ物や飲み物、季節やイベント、感情や挨拶などがあります。
  6. スタンプのテーマやキャラクターは、自分だけで使う場合は自由に決めてもいいですが、販売や配布する場合は、著作権や肖像権などの法律に注意してください。他人の作品や人物を無断で使ったり、不適切な内容や表現を含んだりすることはできません。
  7. スタンプのデザインやメッセージを考える
  8. スタンプのデザインやメッセージは、自分のテーマやキャラクターに合わせて考えましょう。スタンプは、一つのセットに最低8個、最大40個まで作ることができます。スタンプのサイズは、正方形で最大370×370ピクセルです。
  9. スタンプのデザインやメッセージは、シンプルでわかりやすく、かわいくて面白いものが人気です。また、色や形、文字の大きさやフォントなども工夫しましょう。スタンプには、音声やアニメーションを付けることもできます。
  10. スタンプを登録する
  11. スタンプを作ったら、スタンプ作成ツールから登録することができます。登録するには、「LINE Creators Account」を作る必要があります。「LINE Creators Account」は、「LINEアカウント」とは別に作ることができます。
  12. スタンプを登録するときには、スタンプの名前や説明文、価格やカテゴリーなどを設定します。また、スタンプのサムネイル画像やアイコン画像も用意します。スタンプの価格は、50円から250円まで10円刻みで設定できます。スタンプの収益は、販売額の50%が自分に入ります。
  13. スタンプを登録したら、「LINE Creators Market」に申請します。「LINE Creators Market」は、「LINE」が運営するスタンプ販売サイトです。申請したスタンプは、「LINE」の審査を受けます。審査には数日から数週間かかります。審査に通ったら、「LINE Creators Market」で販売されます。
  14. スタンプを使う
  15. 自分で作ったスタンプは、「LINE」のメッセージアプリで使うことができます。自分だけで使う場合は、「マイスタンプ」から選ぶことができます。友だちや家族に送る場合は、「ギフト」から送ることができます。
  16. 自分で作ったスタンプを販売した場合は、「LINE Creators Market」から購入者の情報を確認することができます。また、「LINE Creators Market」では、自分以外の人が作ったスタンプも購入することができます。

LINEスタンプに必要なお金(初期費用と月額費用)は?

LINEスタンプに必要なお金は、以下のようになります。

  • 初期費用:スタンプ作成ツールや画像編集ソフトなどの費用がかかる場合があります。スタンプ作成ツールは、無料で使えるものもありますが、有料で使えるものもあります。画像編集ソフトは、無料で使えるものもありますが、有料で使えるものもあります。また、スタンプを販売する場合は、登録料として100円がかかります。
  • 月額費用:スタンプを作成するためにインターネットや電気などの費用がかかります。また、スタンプを販売する場合は、手数料として販売額の50%がかかります。

LINEスタンプを極めた先には何がある?

LINEスタンプを極めた先には、以下のようなことがあります。

  • 自分のスタンプが人気になって、多くの人に使われたり、高い評価を得たりすることができます。
  • 自分のスタンプが収益につながって、副業や本業として活動することができます。
  • 自分のスタンプが他のメディアや商品に展開されて、ブランド化することができます。

LINEスタンプをもっと深く知るためのアイデア

LINEスタンプをもっと深く知るためには、以下のようなアイデアがあります。

  • 他の人が作ったスタンプを見て、参考にしたり、感想を伝えたりしましょう。「LINE Creators Market」では、様々なジャンルやテーマのスタンプが見られます。また、「LINE Creators Community」では、スタンプ作成者同士が交流したり、情報交換したりすることができます。
  • スタンプ作成の技術やノウハウを学びましょう。「LINE Creators Studio」や「LINE Selfie Sticker」などのアプリでは、チュートリアルやヒントなどが提供されています。また、「LINE Creators Academy」では、スタンプ作成の基礎から応用までを学ぶことができるオンライン講座があります。
  • スタンプ作成のコンテストに参加しましょう。「LINE Creators Award」や「LINE Creators Festa」などのコンテストでは、自分のスタンプを応募して賞金や賞品を獲得することができます。また、「LINE Creators Collaboration」では、有名なキャラクターやブランドとコラボレーションしてスタンプを作ることができます。

まとめ

この記事では、LINEスタンプを作るという趣味について紹介しました。LINEスタンプを作ることで、自分の好きなキャラクターやテーマでスタンプを作って楽しむことができます。また、自分だけで使うだけでなく、他の人に送ったり販売したりすることもできます。さらに、創造力や表現力、コミュニケーションスキルなども身につけることができます。LINEスタンプを作るには、スタンプ作成ツールや画像編集ソフトなどが必要ですが、無料で使えるものもあります。また、スタンプを販売する場合は、登録料や手数料がかかりますが、収益を得ることもできます。LINEスタンプを極めるには、他の人が作ったスタンプを見たり、スタンプ作成の技術やノウハウを学んだり、スタンプ作成のコンテストに参加したりすることがおすすめです。あなたも、LINEスタンプを作ってみませんか?